通常検索
詳細検索

現在地

オープンアクセス論文掲載料(APC)の免除・割引について

・本学の電子ジャーナル契約により、オープンアクセス論文掲載料(APC:Article Processing Charge)の支援(免除または割引)を受けられる場合があります。
・対象の出版社、支援内容、手続き方法については以下をご確認ください。
・このページでご案内している支援内容は、本学の教職員に適用されるものです。
・投稿時に埼玉医科大学のE-mailアドレスを使用する必要があります。
*本学は2024年からSpringer NatureとWileyの「転換契約」を導入しました。
転換契約(Transformative agreement)とは、購読料とAPCを一体的に扱う契約形態。購読料をAPCへ段階的に移行させることによりオープンアクセス出版の拡大と購読料の抑制を目指したものです。

AAAS/Science

・対象誌:Science Advances
・支援内容:APC5%割引
・手続き方法:以下の案内をご確認ください。
Affiliation Discount(所属機関割引)取得手順

MDPI

・対象誌:全タイトル
・支援内容:APC10%割引
・備考:本学はMDPIの機関オープンアクセスプログラム(IOAP)に参加しております。責任著者または共著者の中に本学所属者がいれば、割引対象となります。投稿システム上の「Institutional Open Access Program」の欄に大学名が自動的に表示されます。オープンアクセス書籍出版費用(10%)、英文校正費用(15%)の割引もあります。
・手続き方法:以下の案内をご確認ください。
IOAPのご案内 | 著者向けガイド

National Academy of Sciences (PNAS)

・対象誌:Proceedings of the National Academy of Sciences
・支援内容:APC割引
・備考:掲載論文は掲載後6か月でオープンアクセス(著者のAPC支払は不要)になりますが、オプションを選択すると掲載時にオープンアクセスにすることができます。
・手続き方法:以下の案内をご確認ください。
Publication Charges

Rockefeller University Press (RUP)

・対象誌:
Journal of Cell Biology (JCB)
Journal of Experimental Medicine (JEM)
Journal of General Physiology (JGP)
・支援内容:APC全額免除
・備考:Corressponding Author が本学所属の場合に免除され即オープンアクセス(Gold OA)になります。出版社側で識別されますので手続きは不要です。
・手続き方法:以下の案内をご確認ください。
著者向けガイド

Springer Nature(転換契約)

・2024年はOA出版枠が上限に達したため終了しました。2025年1月から再開予定です。(2024年4月30日)
・対象誌:対象ジャーナルリスト
対象誌はSpringer Natureのハイブリッド誌です。
*Nature本誌・関連誌、Full OA誌、OA出版オプションを提供していないタイトルは対象外です。
・支援内容:APC全額免除(年間本数に上限あり、受理順に免除適用)
・詳細は以下の案内をご確認ください。(学内限定。Googleドライブ/埼玉医大メールアカウントでログインしてください。)
概要 | 著者向けガイド

Wiley(転換契約)

・対象誌:対象ジャーナルリスト
対象誌はWileyのハイブリッド誌、フルOA誌、及びHindawi誌(Wiley参加のOA出版社)です。
・支援内容:APC全額免除(年間本数に上限あり、受理順に免除適用)
・論文種別:原著論文、レビュー論文
・詳細は以下の案内をご確認ください。(学内限定。Googleドライブ/埼玉医大メールアカウントでログインしてください。)
概要 | 著者向けガイド